うぉんばっとのぽっけ

国内や豪州のウォンバット・ウォッチング、写真や動画、英文情報の和訳紹介。

オーストラリアで起きていることを気にし始めた

私達夫婦がウォンバットを知って間もない頃は,日本にいるウォンバットや動物園のことが分かれば十分と考えていました。ところがいろいろ勉強していくと,オーストラリアから日本へやってくるウォンバットは輸出規定上すべて「飼育下で生育した個体もしくは人に育てられた孤児」であり,現実には飼育下での出産は珍しいためほとんどが孤児出身だということを知りました(これは各動物園で紹介されている成育歴を見てもおぼろげに想像がつくところです)。孤児ということは,交通事故等に遭った母親のお腹の袋の中から救出された生後間もない赤ちゃん(pinkie)か,付近をさまよっているところを保護されたもう少し年長の子ウォン(joey)ということになります。

それら孤児に対して保護団体が日々苦労を重ねて野生復帰プログラムを施しており,それでもどうしてもヒトから離れたがらない,あるいは野生の生活に耐えられない個体が動物園に引き取られていくことがある。そしてそういう動物園から,ときにはるばる日本の動物園にやってくるウォンバットがいる。自分たちが日本で可愛がっているアイドルウォンたちと,オーストラリアで轢かれた母親の袋から救出され懸命に育てられている孤児ウォンたちが,はっきりと一本の線で繋がりました。

もともと注目していた Sleepy Burrows のことをじっくり調べてみた

数ある保護団体の中でも私たちが以前からフォローしていたのが Sleepy Burrows Wombat Sanctuary でした。この人たちを,そしてここのウォンバットたちを支援したいと強く考えた決め手は,この団体の活動の真摯さ,ごまかしのなさ,そして将来性でした。

当初は可愛いウォンバット動画をアップロードしている団体という程度の認識だったのが,少し調べただけで,とても生半可では済まない質と量の活動を行っていることが分かってきました。ごく普通の一夫婦が私財をなげうって設立した大型の保護施設であり,ウォンバットのサンクチュアリとしては最大規模ですが,そのためより小規模のケアラーから個体を引き取ることも多く,寝る間を惜しんでのケアでも追いつかないのです。設備の維持だけでなく増築拡大が必要な状況は長く続いています。干ばつ・ロードキル・行政当局との対立など,実際の保護活動の過酷さはブログやニュースレターでも包み隠さず詳らかにされているとおりです。

活動内容は保護だけに留まりません。オーストラリアのウォンバットを脅かし,タスマニアでは地域絶滅まで引き起こした疥癬に対しても,Sleepy Burrows は新しい角度からアプローチしています。従来は薬剤(CydectinやIvermectin)を振りかけることでヒゼンダニを駆除できるとされており,Burrow Flap 法を含むこれらの試みを Sleepy Burrows も否定してはいませんが,長期的な効果が不明で治癒後の再罹患率が高いのではないかという懸念がこの方法の問題点だといいます。Sleepy Burrows のアプローチは,クイーンズランド工科大学と共同で開発・実証している「巣穴病棟」です。昨年 GoFundraise でこの巣穴病棟をフィーチャーしたキャンペーン(以前の投稿で翻訳紹介したもの。現在は期間終了。)を行ったり様々なメディアに登場する機会を得たりしたことで,ただ動物を保護飼育しているだけの団体ではないということがより広く知られるようになりました。今や寄付者たちの多くは「この団体に投じる寄付には単なる餌代以上の意味がある」という特別な気持ちで募金に応じているようです。

私たちもそこに加わりたい。私達の寄付も,そのまっすぐな思いの実現のささやかな一部に,ウォンバットが疥癬で苦しまない世界のほんの一部になって欲しい。そう思わずにいることはできませんでした。これが,私たちが月ごとの定期寄付先に Sleepy Burrows を選んだ経緯です。

日本から寄付する方法(2019年6月現在)

Sleepy Burrows へのスタンダードな寄付形態は「ウォンバットコーヒークラブ」と称するものです。毎月一回,ウォンバットたちとコーヒーやマフィンを楽しんだつもりで一口10ドルの寄付を行うという趣旨で,お礼にニュースレターなどを配信しています。この寄付のおかげで,受け入れるウォンバットの数に「上限」を設けずに活動を継続できていると団体のサイトは記しています。

Sleepy Burrows Wombat Sanctuary のウェブサイトからリンク GOFUNDRAISE SleepyBurrowsWombats をクリックすると,GoFundRaise のページが現れます。 Donation_03 GoFundRaise にアカウント登録していない場合,アカウント登録を促す画面が出るかもしれません。登録しなくても寄付自体はできるように見受けられますが,私はアカウントを設定しました。Eメール・パスワード・生年月日・氏名を入力して初回登録するか,代わりに Facebook アカウントでログインすることができます。 Donation_02 GoFundRaise の Sleepy Burrows ページに無事アクセス出来たら,「❤ Donate」をクリックするとポップアップで以下の画面が現れます。 Donation_04 黄色い蛍光マーカーの上から順に,寄付したい金額(オーストラリアドル),一回のみ(One Time Donation)か定期寄付(Recurring Donation)か,個人(Individual)か組織(Organization)か,氏名,Eメールアドレス,居住地, Donation_06 クレジットカード番号,有効期限をMM/YY形式で,3ケタのセキュリティナンバー,そして承諾事項にチェックを入れて最後の DONATE のボタンをクリックすれば次へ進みます。 Donation_05 ※Recurring Donation(定期寄付)を選んだ場合,週ごとか月ごとかといった頻度と,初回のスタート日を設定します。 Donation_07 寄付が完了すると Thank you for making a difference! というメッセージのページが表示されます。 Donation_08 メールにPDFのレシートが届くので,間違いなく寄付が完了したことを確認できます。

その後の Sleepy Burrows との関わり

「ウォンバットコーヒークラブ」に参加して「ウォンバサダー」になると,隔月1回のニュースレターが届きます。このニュースレターについて Donna さんははっきりと「FacebookやYouTubeでは不特定多数のみんなが見たがるようなウォンバットたちのカワイイ姿を流すけれど,きちんと現実に向き合い真実を知りたい人のための情報はニュースレターで届ける」と述べています。

ウォンバサダーは年に1回,サンクチュアリを訪れることができます(要事前予約・必ずしも希望に添えるとは限らない)。私達も貴重な訪問の機会を得て,さまざまなことを学びました。

また,ウォンバサダーを続けて1年が経つと,お礼のプレゼントが届きます。当初コーヒークラブはオーストラリア国内の寄付が主体だろうと思い込んでおり,プレゼントが届くといっても日本までは郵送してくれないだろうと考えていました。ところがその後いろいろ話を聞くと,実は外国からの寄付が中心とのこと。実際,寄付を始めて1年目には,国際郵便で可愛いマグネットシートとお礼のカードが届きました。 IMAG0100[1] IMAG0101[1]

余談ですが,寄付が特に多いのはアメリカとドイツからだと伺いました。もちろんどちらの国にもウォンバットを飼育する動物園がありますが,この話を聞いたときは,まったく引けを取らない豊富な飼育実績のある日本の名が挙がらないことに口惜しさと申し訳なさの入り混じった複雑な気持ちを抱きました。寄付文化の違いやキャッシュレス化の遅れ,言語の壁など様々な原因が推測できますが,「オーストラリアのウォンバットのために何かできないか……」と考えている人が日本にもたくさんいることは揺るがぬ事実です。その橋渡しを少しでもできないか,という気持ちで今回のこの記事を執筆しました。この記事が少しでも多くのウォンバットファン,そしてウォンバットの助けになればと願っています。

人工繁殖の成功例であり,フクちゃんの故郷

2018年8月,ついに念願叶い,クイーンズランド州のテーマパーク「ドリームワールド」を訪ねることができました。ウォンバットファンとしてドリームワールドに注目する理由は2つ。一つは,パーク内の動物園が2006年にコモンウォンバットの計画繁殖に成功していること。もう一つは,あの五月山動物園のフクちゃんの故郷が,このドリームワールドだということ! IMAG0818 五月山動物園に行ったことがある人は見たことがあるであろう,フクちゃんの輸送箱に掲示されている説明書きです。五月山動物園では,この箱に入って輸送待ちのウォンバットの気分を体験できます(?)。 IMAG0819 シドニー空港での乗り継ぎを示すステッカーとともに,ドリームワールドのロゴが側面に貼ってあります。 IMAG0497 ドリームワールドのエントランス。フクちゃん箱のロゴと同じ! 施設そのものは大型遊園地で,ジェットコースターやフリーフォールなども見かけたような気がしますが,詳細はほとんど覚えていません(ウォンバットのことしか考えていなかったため)。

現在のドリームワールドのウォンバット展示状況は?

パークに入り,動物園コーナー「オーストラリアン・ワイルドライフ・エクスペリエンス」のある奥の方へ向かうと,ウォンバットのバナーをいくつか発見。 IMAG0498 このチャーミングなお顔はミナミケバナウォンバットです。計画繁殖に成功したという2000年代に飼育されていたのはコモンウォンバットですし,フクちゃんももちろんコモンウォンバット。今はミナミケバナを中心に飼育しているのでしょうか……? どんどん奥へ進んでいきます。

IMAG0502

アボリジニ・アートの岩壁を模した一角に,どうやらウォンバットはいそうです。 IMAG0510 中央の木の洞のような構造物を見ると…… IMAG0501 いました! ミナミケバナウォンバットが一頭,砂山の上で涼んでいます。放飼場はミナミケバナウォンバットの棲息地である南オーストラリア州等の土壌に模して作ってあるのでしょうか。周囲はエミューやワラビーがいたと思いますが,よく見まわしてもウォンバットはここにしかいないようでした。

IMG_5bqvj8

古い手持ちのスマホでズーム撮影したため画質がよろしくありませんが,こちらを振り向いてくれた瞬間を撮ることができました。この穴は向こう側まで続いていそうに見えますが,実際は行き止まりです。 IMAG0509 壁際で日影になる位置に小窓が設置され,「ふだんここで寝ます」との掲示。実際にこの窓から観察できるような位置には来ませんでしたが,ウォンバットは日影を楽しめるし,人間は大接近を楽しめる,おもしろい工夫だと思いました。 IMAG0500 掲示物。「滑らかな茶灰色の毛を持つ点でコモンウォンバットと異なります」だそうです。

フクちゃん,そしてアヤハさんのことを覚えている方が

さて,いま飼育されているウォンバットもかわいいですが,フクちゃんの話もできればお聞きしたいところです。なるべくお忙しくなさそうな職員さんを捕まえて「10年ほど前にこちらから日本にウォンバットを輸出しているはずなのですが,そのことがお分かりになる方はいらっしゃいませんか……」と尋ねたところ,「どこかの飼育員さんですか?」と尋ね返されてしまいました。恐縮しながら「ただのウォンバット好きの一般人です……」とお返事すると,10年以上同園で勤務されている Sue さんという方を紹介してくださいました。 IMAG0511 写真中央が Sue さんです。ちょうどこれからワニのエサやりショーのお仕事。簡単にあいさつして,先にショーを見学することにしました。丸鶏を棒に括り付けて与えており,ワニもちょっと頑張らないと届かない絶妙な高さまで見事に水面から跳ね上がってきて,見ごたえ抜群でした。

ショーの終了後,いよいよ本題を切り出します。以下,手元のメモをもとにした会話の再現です。
Yuto: 10年ほど前に,こちらから日本にウォンバットを送っていただいたはずなのですが,そのことについてお分かりになりますか?
Sue: えーと,確かそのはずですね。10年も前でしたか。
Y: 2007年という記録なので,正確には11年前,Hector というオスのウォンバットを送っていただいたかと思います。
S: Hector ね! 思い出しました。ちょうど私がここで勤務を始めた頃です。
Y: よかった! ドリームワールドからやって来たという記録を頼りに,今日ここで Hector の話を聞けたらと思って日本からやって来たので,ご存知の方がいて嬉しいです。Hector は若い頃はどんな子だったんですか?
S: 若い頃の Hector はよく寝ていました。それから,すぐに噛んでくるやんちゃっ子でしたよ。(囲いの中に入って)作業するのは大変でした。日本でまだ生きているんですか?
Y: はい,まだまだ元気です。そうだ,ウォンバットテレビというものがあって,ライブ動画で Hector の様子を見られるかもしれません。(うまくスマホを園内Wi-fiに接続できずウォンバットテレビを表示できない。)うーん,うまくいきません。でも写真があります。(こんなこともあろうかと予め仕込んでおいたフクちゃんの写真をお見せする。)
S: 間違いない,Hector ですね! 大きくなって。……というか太ったのかな?
Y: そうなんですか?(笑) でもこの子は日本のウォンバットの中でも人気ナンバーワンですよ! 英語名の発音に近く,幸運を意味する「フク」という日本名で親しまれています。いま日本にウォンバットは7頭いて,この五月山動物園にはそのうち5頭がいますが,Hector は間違いなくとても大勢のファンから愛されています。
S: それは素敵ですね。Hector よかったわね。
Y: それと,Hector の他にもう1頭,メスのウォンバットが送られているのですが,ご記憶にありますか?
S: そうですね,つがいで送ったと思いますが,名前は何だったか…… Beth…… いや Bella だったかな?(※実際はアヤハの英語名は Henna だそうです。)
Y: 残念ながらそのウォンバットは既に亡くなってしまったのですが,未だに大切に想われていてしばしば Twitter などで話題に出てきます。そのこともお伝えしたいと思って来ました。
S: ありがとう。
Y: もう一つお話したいことがあります。こちらで計画繁殖に成功したという論文も拝見し,大変興味深いと思っています。(印刷した論文をお見せする。)
S: ああ,この論文ですか。
Y: いま Hector のもとにはタスマニアから Potato という名前の若いメスのウォンバットがパートナーとして来ていて,動物園ではこのペアでの繁殖に取り組んでいます。論文に書いてある Bart と Milly はそれぞれ15歳と4歳ということで,現在の Hector / Potato のペアと年齢関係が近いということも興味を持つ理由です。この Bart や Milly についてお話をお伺いできますか。
S: この論文はたしかにうちの動物園の出しているものです。(共著者の)Michele Barnes はその後ここの園長になっていますよ。論文には計画繁殖が成功したと書いてありますが,運がよかったのもあるでしょう。Bart は(この論文の後も)この園に暮らしていましたが,残念ながら数年前に亡くなってしまいました。Milly は少し前にイプスウィッチへと転出して今でもそこで暮らしています。
Y: そう言えば放飼場にミナミケバナウォンバットが1頭しかいませんでしたが,今はドリームワールドにはコモンウォンバットはいないのですか?
S: ドリームワールドにコモンウォンバットはまだいますよ。ただ展示していないのです。バックヤードで飼育しています。……さて,もう少ししたら,次のショーの準備に行かなければ。ウォンバットの別の担当者で,日本語が分かる Nick という飼育員がいるので,彼に話を引き継いであげましょう。
Y: ありがとうございます。
S: (無線で連絡を取ってくださる。)15分後にコアラの写真スポットの前で待ち合わせてください。Nick がいろいろ話してくれるはずです。
Y: 助かります。あの,最後に不躾なお願いなのですが,もし可能なら日本のファン宛てに Hector の応援ビデオメッセージを頂けたりしませんか?
S: それは楽しそうな提案ですが,園の規約でそういうことは制限されていて,ごめんなさいね。でも,Hector が日本で楽しく暮らして長生きすることを願っていますよ。
Y: 今日はお忙しいところを丁寧にありがとうございました。
以上はボイスレコーダー等を用いたわけではなく,メモと記憶を頼りに再現した会話ですので,不正確な部分があるかもしれません。この後,会話の中に出てきた Nick さんにもお話を伺うことができ,さらに数点詳しい情報を得る事ができました。

  • 大陸亜種のコモンウォンバットを2頭,3か月前まで飼育しており,その後他に転出した。27~28kgの個体だった。(※これが前出の Milly のことか,さらに別の個体かは不明。)
  • コモンウォンバットは,現在バックヤードでタスマニア亜種を1頭(15歳・♂・16kg程度)飼育している。
  • ミナミケバナウォンバットは,16歳のオスと21歳のメスの2頭を飼育している。
  • バックヤードツアーを実施している。これに申し込めば,コモンウォンバットにも会うことができる。

時間さえあればまだまだ尋ねたいことはたくさんありましたし,せっかく頂けたお話の機会になかなか上手に質問ができなかったのも悔しいところですが,それでもいろいろな情報を得ることができました。何より,フクちゃんアヤハさんを直接ご存知の飼育員さんがまだこちらに在職され,直にお話を聞くことができ,日本でいかに愛されているかを伝えることができたことが今回の訪問の何より嬉しい点でした。機会が許せばまたドリームワールドに行ってみたいです。

2018年8月上旬、私達は野生のウォンバット達との再会を求め、Australia・NSW州にある某キャンプ場へ行って来ました。2016年の「ワイルドライフツアー」以来2年ぶりとなるオーストラリア旅行ですが、現地ツアー会社に任せきりだった前回と異なり、今回は移動手段からキャンプ道具まですべて自前での準備です。季節は8月の上旬、向うは冬の気候になりつつありました。

空港~腹ごしらえ

シドニー国際空港に到着した私たちは、最寄りのレンタカー屋で車を借りて、食材やガスボンベ調達のためショッピングモールへ。朝昼兼ねてピザやら何やら食べて時間を掛けてしまい(笑)慌ててショッピングモールを後にしたのは午後二時頃。 ピザ 焼きたてピザ。 ポテトウェッジ ポテトウェッジ。シドニーでよくメニューに載っている。サワークリームを付けて食べるとおいしい。 フラットホワイト 最近日本でも飲めるようになってきたフラットホワイト。

キャンプ場周辺

お蔭でキャンプ場に到着したのが午後の六時前になってしまった。道は広く真っ直ぐなハイウェイなので、迷う事もなく(もちろん下調べをして行きましたが)…… 「ウォンバット注意」の道路標識 キャンプ場そばの道路標識だ。お分かり頂けただろうか。そう、道端からひょっこり現れる可能性が常にあるのだ。ここに至るまでの道も区間的にこの標識が立っていた。実際ノロノロ運転の我々の目の前に迷いウォンバットがのこのこ現れたのだ……怖かったです。ロードキルされてしまった子達が道のすみっこに沢山いました。それはこの記事とは別に記載します。

野生のウォンバットとの出会い~夕食

いざ! キャンプ場内部へ。 DSC_0016 DSC_0017 DSC_0019 DSC_0023 DSC_0030 彼らの住処のはじっこを借りるべく、この子たちを避けつつ借りられそうな場所へ車をこれまたノロノロ走行。ウォンバット様のお家の真横をお借りして駐車。 DSC_0039 DSC_0043 人間なぞ興味ない王者の風格を漂わせつつ草を貪るウォン様。我々も腹が減ってはウォンバットウォッチんグに支障が出るのでれっつらクッキング。 DSC_0073 DSC_0077 DSC_0085 ステーキを焼き焼きしていても知らぬと言いたげにうぉしりを向ける彼ら。強風だったので悪戦苦闘しつつ完成させ 20180806_190656_HDR 頂きます。この日は長い運転に疲れた夫と、助手席疲れを勝手にした私はあまり冒険しないまま寝てしまいました。次の記事も旅行記の続きだよ!

このページのトップヘ